函館より発信。レゴ、音楽、雑貨などなど浅く広くをモットーにさまざまなモノを好む。


by poscalego

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
DIARY
MONO
MUSIC
BRICK
CAR
EVENT
未分類

最新の記事

MONO好き日記へようこそ。
at 2012-12-31 03:08
ひさひさびさ。
at 2012-05-23 23:33
ここしばらくのいろいろ。
at 2011-12-09 02:50
金森ブロック展とか。
at 2011-09-08 01:22
いろいろ。
at 2011-07-10 01:38

ライフログ


Love Is a Four Letter Word


Hit Man Returns


ラスマス・フェイバー ラヴ:ミックスド2


I Am World Tour [Blu-ray] [Import]


ロスト・イン・タイム


フライ・アウェイ~ザ・ソングス・オブ・デヴィッド・フォスター


君こそすべて~デイヴィッド・フォスター&フレンズ ライヴ


つくって遊ぶブロック玩具


創作アイデアの玉手箱 続・ブロック玩具で遊ぼう!!


創作アイデアの玉手箱ブロック玩具で遊ぼう!!


ジス・イズ・ザ・シーズン


ザ・ワン

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

LINK

POSCANET
本家HOMEPAGE
JUEMMS
上越教育大学軽音楽部
函館美少女図鑑

LEGO JAPAN
ホビーショップデジラ

□friendship
洋梨の函館生活2
ナゴミン。
日々コレフォト。
YUYU style

□HAKODATE SHOPS
roca/score
favorite
Artists

HAKODATE150プラス

フォロー中のブログ

ハラカラの手仕事 *佐藤...
☆酔族館日記2
viva! BookLife.
LEAVESより 日々の...
SCRAPBOOK*|エ...

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:MUSIC( 10 )

というわけで、いよいよ明日開店ですっ!

b0164071_23483965.jpg

すっかり、ブログ放置しております。

お店のブログは1日数回更新するのを目標にしてるので、
なんだかそっち優先になってしまって。

というわけで!
明日、私の新しい居所、「カネモリブリックラボ」開店です!
無事、準備を終え、帰宅です。

なんとも、ステキな空間になりましたよ。
私の要望も、事細かに聞いていただきまして、もうなんだか自分の遊び部屋のようになってしまってます。
スタッフも私ひとりですから、「私の部屋」へようこそ状態です。
汚したら許さないよ!って冗談ですけど。

明日は月曜日。
どのくらいの方がいらしてくれるのか、誰も来ないかも、とか不安だらけですが、
お待ちしてますので、どうぞいらしてください!

制服着て、お待ちしてます。←制服は秘密です。ご覧になりに来てください。フフッ。

本当に、ここまでいろいろな方にお世話になり、明日を迎えることになります。
1日でも長く続けられるようがんばろうと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

ささっ、モヤさま録画見て、今日は早く寝ますから。
[PR]
by poscalego | 2010-07-04 23:58 | MUSIC

Rhapsody In Blue

映画『のだめカンタービレ ファイナル』の告知を最近よくテレビでやってます。
そのたびにかかるクラシック音楽。
きっと、このドラマや映画、原作の漫画の影響で、今までクラシックを聴かなかった人たちや、
しばらくクラシックから離れていた人たちも、
改めて聴くようになったりしてると思います。
のだめのサントラCDも異例の売り上げだとか。

私もまんまとそのひとりです。
また、映画の宣伝とかって、イイところがかかったりするもんだから、
フっと耳が傾いて、「あぁちゃんと全部聴きてぇ」ってなります。

劇中では、ほんとにイイ選曲で、ステキな曲がたくさん使われています。
その中でも、エンディングテーマの、ガーシュイン作曲の「ラプソディーインブルー」。
なんか、中学生のときに、馬鹿みたいに聴いた記憶があります。
ガーシュインはアメリカの作曲家で、簡単に言ってしまえば、
クラシックとジャズの融合みたいなことをした人です。
この「ラプソディーインブルー」は1920年代に、ピアノとジャズバンド用に原曲が作られ、
その後、オーケストラ編成に編曲され、多くの人たちに聴かれたようです。
どちらかというと、ピアノ協奏曲のような感じです。
もう中間部のあま~いメロディは、なんともセンチメンタルな気持ちになります。
効果的に使われる、バックの半音進行がたまりません。

紹介するYouTubeは、80年代にドイツのテレビ局が、ドラマ仕立てで制作したもので、
なんともステキな映像作品になっています。ほんとに。
長いので、2つに分かれていますが、お時間がある方、ぜひご覧になってくださいね!


ついでに、
ガーシュイン演奏の「I GOT RHYTHM」を。
のちにオスカーピーターソンを始め、多くのピアニストや楽団で演奏される名曲です。
でも、原曲のガーシュインの演奏は、やさしくてあったかくて、なんか楽しさが伝わってきますよね。

[PR]
by poscalego | 2010-04-26 02:14 | MUSIC

また音楽ネタ。

すごいっすね。
先日、一気に世間を駆け巡った、上海万博の公式テーマソングが、
岡本真夜の昔の曲に、そっくりとか。
まぁサビだけ似てるとかならまだしも、Aメロから似てるんだもん。
そりゃあやしいって言われますよねぇ。
こないだ、あの、音といえばこの人、日本音響研究所の鈴木所長が断言してました。
8割波形がそっくりです。と。
まぁ鈴木所長の話もしたいとこですけど、今回はスルーして。
で、
岡本真夜さんは、上海万博実行委員会から正式に曲の使用許可のオファーを受け、快諾したそうです!
すごいっすね!
万博側が、盗作を認めて、岡本さんが了承したから、
サンプリングになった?カバーになったのかな。
いや、サンプリングっていう感じになるんでしょうね、きっと。
クレジットがどうなるのか楽しみです。
岡本さん、すごい!って思いました。
でも、部屋を歩きながら思いついたといっていた作曲者はどうなったんですかねぇ。

さて、もうひとつ。
私も大好きな曲MISIAの「Everything」。
松下菜々子主演のドラマ「やまとなでしこ」の主題歌でも大ヒットしましたよね。
というか、もうこのドラマ大好きだったんすよねぇ。
出演者みんなイイ感じで。最終回よかったわ。特に。
ま、その思い出深い(勝手にね)この曲が、最近、日清カップヌードルのCMに使われてます。
しかも歌詞を変えて、MISIAが歌って。
いやーちょっとがっかりだー。
歌詞がよく最初聞き取れないんですけど、
「♪具を入れて~~具を入れて~~」って聞こえるんですけど。違うかな。
ちゃんと日清のサイト見たんですけど書いてなくって。
でもね、
あのCM、EVERYTHINGのプロモをそのまま使用してるですって。
でね!歌詞が変わってるから、口の動きだけ、CGで加工してんだって!
もちろんMISIAが歌ってるんだけど、プロモは撮り直しをせず、わざわざCG加工って!
ステキな曲だけに、なんかもったいない気がするんですけど、いかがですか?
きっと思い入れある人多いでしょうにね。

日本音響研究所
↑知る人ぞ知る、モスキート音のCDって市販されてるんすね!
[PR]
by poscalego | 2010-04-20 02:52 | MUSIC

音楽ネタ。


なんと、DJ芸名「ロケットマン」こと、ふかわりょう氏の配信限定シングルが、
iTunesで1週間、J-POP部門で1位を獲得してるそうで。
配信限定とはいえ、すごいっすね。
結構前から、音楽活動していて、DJロケットマンとして、クラブで活動することもあり、
最近では、コスメティックスのプロデュースでも一気に有名になりました。
ピアニカを使ったあのなんともいえない芸風とかもうあきらめて、音楽活動にしぼればいいのに。
まぁそのギャップもまたいいか。
ふかわりょうオフィシャルサイト


私の敬愛するアーティスト 大沢伸一氏もニューアルバムのリリースを発表です。
6月ですからまだまだですけどね。
最近は、DoCoMoのスマートフォン エクスペリアのCMソングでも活躍中です。こちらも配信限定です。
音楽プロデューサー 小林武史氏とのユニット、BRADBERRY ORCHESTRA。
日本のポップシーンとクラブシーンのトッププロデューサーの競演ですからねぇ。
すごいもんです。
BRADBERRY ORCHESTRA

大沢伸一氏といえば、モンドグロッソで有名になったわけですが、
最近は個人名義の活動が主になってしまい、よりエレクトロな感じになってきました。
というか、もうどんどんクラブ音楽の最先端を行ってしまって、ついて行くのが大変です。
モンドグロッソは、もともとファンク系のバンドで、大沢氏はベースでした。
海外での評価も高く、海外ライブツアーなども90年代は多かったようです。
その後、打ち込みが増え、大沢氏はDJに目覚め、日本を代表するハウス系DJになったわけです。


↑やっぱかっこいい。アルバム「NEXT WAVE」リリースツアー。とてもイイアルバムです。
何年も前ですが、大沢氏と話す機会があり、
もうベースは弾かないのですか?と質問したところ、
もう忙しくってなかなかねーって京都なまりで答えてくれました。←とてもステキな方です。
モンドグロッソ名義の新譜も期待したいところですけど、もうないかなぁ。
大沢伸一オフィシャル
最初のロケットマンの映像といい、次の大沢さんのOURSONGのPVも、
微妙なダンスが気になって、ずっと最後まで真剣にみちゃいます。

THE SOUND OF MUSIQUE

ロケットマン / コロムビアミュージックエンタテインメント


The One

Shinichi Osawa / エイベックス・エンタテインメント


Next Wave

MONDO GROSSO / ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ


[PR]
by poscalego | 2010-04-18 01:55 | MUSIC

道。

みなさんご覧になってたかと思うんですけど、オリンピックのフィギアスケート男子。
高橋大輔さんの演技見ました?
よかったですねぇほんと。
別にそんなスケート詳しくもないし、普段見るわけでもないのに、感動したし!
なんすかね、気迫というか、感情が伝わってきました。
あぁ。芸術なんだなぁという感じです。
でも高橋選手って、手の動きとか、すげえキレイですよね。
かっこいいもんなぁ。
でね、やっぱ選曲もイイと思うし、音楽に合わせた演技ですもんね。
今回の曲は「道」っていう映画の曲らしいんですけど、イイ曲ですよねぇ。
フェデリコ・フェリーニ監督のイタリア名作映画なんすね。
映画まで観たくなってしまいましたもん。

そういえば、4年前のトリノの時に、荒川さんが使った曲、
ケルティックウーマンの「ユーレイズミーアップ」に相当わたくしハマリましたもん。
毎日、クルマで聞きながら仕事行ってたもんな。
今年は「道」をひたすら聴くのかって感じです。
ちゃんとこうゆうCDもあるんすね。↓

高橋大輔~フェイヴァリット・ミュージック~

オムニバス(クラシック) / ポニーキャニオン


高橋選手の選曲、ほんといいもんな
ちなみに、モーグルの上村愛子選手はニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」でしたねぇー。
なんて、音楽ばっか聴いてたりします。

私、かなりのテレビっ子なんですけど、中でも録画してでも必ず毎週見るのは、
「モヤモヤさまぁ~ず」と「タモリ倶楽部」です。
「モヤさま」はかなりのファンでして、ケータイ着信音も「ショウくん」の声です。←わかんないかな。
でも、この2つの番組、ちょっとだけ共通点があって、番組中のBGMがイイんすよね。
両方とも、その話題によって、こまごまとBGMを変えてくるんです。
それがマニアックでおもしろいんす。
たとえばー、今週のモヤさまでは、
街のクレープ屋さんに立ち寄って、クレープつくり体験するんですけど、
クレープの中身を盛り付けることをそこでは「メイク」って言ってたんですけど、
そこのBGMは井上陽水の「メイクアップシャドウ」のイントロでした。
「メイク」がかかってるわけです。それだけ。
先週はスニーカーを買う場面があって、「♪スニーカー、おぉスニーカー」って曲でした。(タイトル不明)
でもイチバン好きなのは、メガネ屋さんに入るときにかかった(たぶん過去2回)
「♪めーがーねっ!めーがーねっっ!」って曲。(この曲、誰の曲か知りたいわ)
ってな感じでね、BGMがかなりイカしてるんです。
タモリ倶楽部もそんな感じっすよね。
このBGMたちを選曲してる人たちの音楽知識すげぇなっていっつも思うんですよねぇ。
歌詞検索してんのかな。
ぜひ、みなさんも、モヤさま見てください。木曜深夜です。だらだらしてていいです。

あれ。
バンクーバー五輪の感動話をしたはずが、だいぶズレました。
要は音楽のチカラも重要じゃないですかねーってハナシをしたかったですね。
高橋大輔のオリンピックのエキシビジョンも楽しみだなぁ。
[PR]
by poscalego | 2010-02-20 04:09 | MUSIC

キャデラックレコード。

b0164071_4353448.jpg

全然ブログ更新せず、申し訳ありません!見て下さってるみなさま。
なんかね、たいした話題ないんすよね。すいません。
コネタはちょこちょこあるんすけどね。

そんななか、観たかった映画をやっと観ました。

キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


キャデラックレコード
シカゴブルースの先駆者 マディーウォーターの半生を中心に、アメリカ音楽シーンの裏側を。
今年のグラミー賞でも話題になったビヨンセ演ずるエタジェームスや、チャックベリーも所属していた通称「キャデラックレコード」のお話です。
サントラ盤も結構話題だった為、ちょっと映画期待してたんですけど、そこそこでした。
期待しすぎたんだな、きっと。
みんな、自分の音楽が売れると、お金におぼれてしまうのね、とか思っちゃったり。
昔の人は、超ヘビースモーカーだなぁと思ったりなんだりでした。
アメリカの音楽シーンに興味のある方はどうぞご覧ください。

次に観ようと思ってるのはー

40歳問題 [DVD]

ドキュメンタリー映画 / エピックレコードジャパン


40歳問題。
私の敬愛するミュージシャン、大沢伸一氏も出演する、音楽ドキュメンタリー映画。
なかなかレンタルされてないのが、困った感じです。
観たらご紹介します。

なんだか、雪が多すぎで寒すぎ。
もう雪いいっすね。
クルマで遠出したい今日この頃です。
[PR]
by poscalego | 2010-02-15 04:57 | MUSIC

THIS IS IT DVD

買いました見ました。
マイケルジャクソンの映画「THIS IS IT」DVD。

映画館で観た感動を果たして自宅で味わえるモノか、少し不安でした。
一応電気を消してね、家でイチバンイイヘッドホンをつけて鑑賞しました。
やはりですね、映画館で観たあの最初の感動はやっぱないですけど、
じっくりゆっくり観れたことは本当によかったです。
しかもヘッドホンで聴くことで、バンドの凄さが伝わりました。
すごいグルーヴ感っすね、あのバンド。
ギター美少女オリアンティが来日して注目されてますが、
あのドラムとベースのリズム隊は、ものすごくタイトでビシビシ決まってかっこいい。
ドラムは特に、マイケルもお気に入りらしく、「踊りたくなるドラム」だそう。
でも、そんな感じです。私は踊りませんけどね。

そして、特典映像。
この特典イイです。あってよかった映像です。
①マイケルの死後の全メンバーのインタビューが収録。
②マイケルの着る予定だった衣装の完成版が見られる。ビリージーンの衣装も。解説つきで。
③本編ではよくわからなかったライブのエンディングがわかります。「MJ航空」の意味がわかります。
④ライブのバックスクリーンでの映像が本格3D仕様だったんだってわかります。
⑤ライブ後半はほどんど登場しないダンサーたちの意味とかも。

とにかく発見や「あぁそうだったんだ」ってことが満載の特典映像でした。
各メンバーの紹介もこまかくあるし。
でも何よりも、マイケルって超やさしい人だったんだなぁってわかります。

こんなスゴイライブ、実現できず、本番を見られなかったことは残念です。
だけど、マイケルの死というアクシデントによって、
知ることができないマイケルの素の姿を見れたことは、うれしいことなのかなって思います。
フルで収録されてる「ビリージーン」は最高っすね。
きっと本番だったら、歓声でほとんど聴き取れないかもしれないですもんねぇ。

とにもかくにもやっぱいいっすね「THIS IS IT」。
何度も観ちゃいますし、聴いちゃってます。

そうそう、私の周辺で、THIS IS ITを映画館で観た回数1位の人。
15回ですって。
ダントツです。
しかも観るまではファンではなかったそう。
すごいね。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


[PR]
by poscalego | 2010-01-29 03:14 | MUSIC

音の響き。

昨夜、函館金森ホールで行われた「塩谷哲ピアノコンサート」に行ってきました。
ジャンルを超えた、塩谷さんのソロピアノに感動です。
じっくり聞かせて、軽めのジャズで和ませる、緩急のうまい選曲。
飽きさせないMCと共にあっという間の2時間でした。

しかし、塩谷さんのリズム感ってすごいっすね。
こっちが拍子とっていても、ウラのウラをついた拍を打ち込んでくる。
ドラムたたいたら、超かっこいいだろうなってくらい、
まるでひとりピアノトリオのようです。
ツボをうまく刺激する、アドリブ具合がなんともかっこいい。
しかもきめ細かいし。すごいなぁ。

そして一転して穏やかな曲では、緻密に計算されたコードワークで、
音の響きや、なめらかな和音の流れを聴かせてくれます。
それがなんとも心地よいのです。
もう、コードネームなんかわからんねってくらい絶妙です。美しいです。
なんか、音の響きをこんなにじっくり味わったのは、ひさびさですって感じでした。

塩谷さんのピアノや音楽に対する愛情や情熱が本当に伝わってきたステキなライブでした。
塩谷さん曰く、ピアノには無限の可能性がありますってのが、よくわかりました。
音楽を聴くだけで。
帰り道、またピアノやろうっかなーって本気で考えたりしたんですけど、
きっとピアノを弾いて5分もたたずに、情けなくなって挫折すんだろうなぁ。
いつもそうです。えぇ。
まずは、コツコツ基本からやんないとだめなんだろうな、面倒くさがらずに。
とりあえず、塩谷さんの譜面買おうかな、と思っちゃいました。
すぐに影響されます、わたくし。

↓今回のライブのメインとなったアルバム。

ソロ・ピアノ=ソロ・ソルト

塩谷哲 / ビクターエンタテインメント


↓小曽根真さんとのピアノデュオライブアルバム。これがまたいいんです。

塩谷哲&小曽根真【デュエット】

塩谷哲&小曽根真 / ビクターエンタテインメント


レコード会社をまたいで、2枚同時リリース。2枚買わなきゃいけません。

デュエット

小曽根真&塩谷哲 / ユニバーサルJ


[PR]
by poscalego | 2009-11-07 04:24 | MUSIC

LOVE STEVIE

b0164071_414352.jpg

先日、やっと購入したスティーヴィーワンダーのライブDVD。
やばいっすね。すっかりハマッてしまいました。
もう、すごいし、楽しいし。

2時間超のステージで名曲歌いまくりです。
すごいや、スティーヴィー。大好きだよ。
もうね、何がすごいって言い切れないくらい。

しかもバックバンドがバックじゃないくらいテクニシャン揃い。
序盤にチックコリアの名曲「スペイン」を12分くらいに渡って演奏するのですが、
これが、もうすごすぎ。全員ソロまわすし。超うまいし。

後半はもう、名曲オンパレード、息つく暇もなし。
もう感動です。
また、ロンドンの観客もステキ!
みんな超楽しそう。

でね、一番最後にスティーヴィーは語るんです。
愛について。
それがまたね、重みがあるコトバなんですよ。
なんて言ったかは、みなさん実際見てほしいと思います。

買って下さい。借りてください。見てください。
かならず、心に響くものがあると思います。
なんか、あったかーい気持ちになりますよ。
もうね、超おすすめっすから。

ライヴ・アット・ラスト [DVD]

スティーヴィー・ワンダー / ユニバーサル インターナショナル


[PR]
by poscalego | 2009-05-01 04:22 | MUSIC

ここ最近の散財。

b0164071_3424030.jpg春らしくなりましたねぇ。あったかいけど、夜はストーブをつける。
いつまでポリタンクに灯油を買うべきか、迷う季節になってまいりました。
もう1回くらいかなぁ。最後にしたいなぁ。
なんだか、
ここ最近、またしても散財してます。
いけませんねぇ。
でも、イイ音はいつも聴いていたいと思ってしまうので仕方がないっすかね。
本気で「モヤモヤさま~ず」のDVDを買おうかと思ったのですが、ちょっとガマンしました。
では、ここ最近のおすすめね。

PHILOSOPHY

清 竜人 / EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)


↑これ。いいっすね。春らしい。
新人の方なのですが、最近、auのCMソングに使われて、アルバムを聴いてみたくなりました。
イイ曲多いっすよ。英語だか日本語だかわからない感じで、透明感がある歌声で、
でもたまに泥臭くて。なんかいい感じっすね。←わけわからなくてすいません。

One by One kzk sound track from adidas originals by originals

オムニバス / KRE(SME)(M)


↑これ。私の好きなadidasのオフィシャルコンピです。日本の。
新しいコンセプトのアディダスブランド立ち上げに際してのリリースらしいのですがー、
いろんなテイストのおしゃれ曲入ってて楽しいです。
チャットモンチーやらジョンメイヤートリオやら、琉球ディスコやら、ごちゃまぜですが、
1枚を通して、ファッションショーを見てるような気分になります。
↑それぞれ、個性があふれてるけど、一貫性があるってことです。
また、ジャケやライナーの写真もステキです。写真集のようになってます。

Here's to You, Charlie Brown!: 50 Great Years!

David Benoit / MCA International


↑玉光堂松風店の閉店セールで買いました。
デビッドベノアのスヌーピーシリーズいいっすよねー。
クリスマスアルバムは持っていたのですが、超豪華アーティストでつづられるこのアルバム。
すべて揃えたいなぁと思っています。

というわけでーいろいろ書いたんですけどね、このブログ慣れないもんで、
2回も、2回も!書いた文、消してしまいまして、3回目の書き込みです。
なので、実は、1回目よりも、熱が冷めた文章になってしまいました。
申し訳ありませぬ。早くコツつかみたいっすね。
あぁ、スティーヴィーワンダーの初オフィシャルライブDVD。
まだお取り置き中で買ってないんです。早くアツク紹介したいっすねぇ。
[PR]
by poscalego | 2009-04-06 03:59 | MUSIC